CDの焼き方

スポンサードリンク

無料でできるDVDの焼き方

PCの中の動画をDVDに焼く方法

 

パソコンの中にある動画を無料ソフトを使ってDVDに焼く方法をご説明します。

 

パソコンで作ったスライドショー動画や、ビデオカメラから保存した動画をDVDデッキなどで観れるようにDVD-Rなどに焼きたい時があります。

 

そんな時、無料で簡単にDVDに焼けるソフトがコチラです。

 

⇒DVDStyler(公式ダウンロードページ)

 

名前はDVDスタイラーというフリーソフト(無料)で、このソフトを使えば、パソコンに保存してある動画を簡単にDVD-Rに焼くことができ、DVDデッキなどで観ることができます。
また、DVDStylerは、AVI、MOV、MP4、MPEG、OGG、WMVなどの様々な形式に対応しておりますので、ほとんどの動画をDVDに焼くことができます。

 

 

実際の流れとしましては、

 

1.DVDStylerを起動させる
2.DVDを再生した時の背景画面を選ぶ
3.パソコン内のDVDに焼きたい動画を選ぶ
4.DVD-Rを入れて焼く

 

の簡単4ステップになります。

 

そして、必要な物は「空のDVD-R」だけです。

 

 

 

DVDstylerのダウンロード

 

それでは、実際に使い方をご説明していきます。

 

まず、上記の公式ダウンロードサイトよりDVDstylerをダウンロードして下さい。

 

もちろんダウンロードは無料です。

 

公式サイトは以下のようになっています。

 

 

 

 

続きまして、ダウンロードのところをクリックすると以下の画面になります。

 

この時点では、まだダウンロードできていないので、お使いのパソコンに合ったソフトを選んでダウンロードして下さい。

 

 

 

 

選べるのは3つで、Macのパソコン用、Windowsの32ビット用、64ビット用の3つとなります。

 

Windowsの32ビット用、64ビット用というのは、パソコンのシステムの事なのですが、ビットの確認の仕方は、

 

「コントロールパネル」⇒「システムとセキュリティ」⇒「システム」

 

で確認できます。

 

 

 

 

 

お使いのパソコンに合ったソフトを確認できたら、そのままダウンロードしてインストールを完了させて下さい。

 

 

DVDstylerの使い方

 

それでは、DVDの焼き方をご説明していきます。

 

ダウンロードが完了しましたら、DVDstylerを起動させて下さい。

 

起動させると、まず以下の画面になります。

 

 

 

 

まず「新規プロジェクト」という画面が出てきて、色々と設定できる箇所があるのですが、これは設定を変更をせずに、このまま「OK」をクリックして大丈夫です。

 

「OK」をクリックすると、次に以下のような画面が出てきます。

 

 

 

 

この画面では、動画をDVDに焼いて、デッキなどで再生した時に様々な演出効果を設定することができるのですが、少し設定が複雑になってきます。

 

今回の主旨としましては、「パソコン内の動画をDVD-Rに焼く」ということですので、この機能は使わずに、まずは簡単にDVDに焼く方法をご説明をさせていただきます。

 

DVDを焼くのに慣れてきたら、この機能もお使いいただくと、さらにカッコイイDVDに仕上がります。

 

今回は、簡単に焼くということで「テンプレートを使わない」をクリックして下さい。

 

「テンプレートを使わない」をクリックしていただくと、DVDstylerのメイン画面が出てきます。

 

 

 

 

メイン画面で、まず最初に設定するのが、

 

「DVDを再生した時の背景画面を選ぶ」

 

です。

 

DVDを再生をした時の背景画面とは、DVDデッキにDVDを入れて再生した時に出る画面のことで、映画などのDVDでは「メニュー画面」のことです。

 

背景画面の設定の仕方は簡単で、メイン画面の左にある複数の背景の中から好きな物を選んで、黒い部分にドラッグ(マウスの右を押したまま移動)して下さい。

 

 

 

 

今回は、青い背景を選びました。

 

そして、ドラッグしただけでは、黒い部分と背景の2色になっていますので、ドラッグした背景の角にマウスを合わせると矢印が出て、背景を拡大したり移動できますので、黒い部分が無くなるようにして下さい。

 

 

 

 

黒い部分が無くなるように、背景画像を拡大、移動できましたら「背景の設定」は完了です。

 

そして、背景の設定ができたら、次はDVDに焼きたい動画をセットします。

 

今回は、Windowsのムービーメーカーで作ったスライドショー動画をセットしました。

 

DVDに焼きたい動画のセットの仕方は簡単で、設定した背景の上に直接ドラッグするだけで完了します。

 

簡単なやり方は、まずあらかじめDVDに焼きたい動画をパソコンのデスクトップに移動させておきます。

 

そして、DVDstylerを右上の画面の大きさを変えるところで少し小さくして、デスクトップとDVDstyleを2重に開いた状態で、動画をドラッグすれば簡単です。

 

 

 

 

焼きたい動画を背景の上にマウスで移動できたら、以下のような画面になります。
(画像は、動画によって変わります)

 

 

 

 

表示される画像は、動画のシーンからランダムで選ばれ表示されます。

 

補足で、もし動画をドラッグした際に以下のようなメッセージが出たら、「はい」をクリックして下さい。

 

 

 

 

あとはDVD-Rに焼くだけです♪

 

背景の設定、動画のセットができたら、あとはDVD-Rに焼くだけです。

 

もう少しで完了ですので、頑張って下さい。

 

焼き方は、まず空のDVD-Rをパソコンにセットして下さい。

 

そしてDVD-Rがセットできたら、画面の左上にある「赤いディスクのアイコン」をクリックして下さい。

 

 

 

 

すると、「書込み」の詳細設定が出てきます。

 

ここでも、動画をDVD-Rに焼くだけの場合は初期の設定は変更する必要は無く、「DVDに書込み」のところにチェックが入っているかだけ確認して下さい。

 

その他の項目はチェック不要です。

 

そして、確認ができましたら「開始」をクリックして下さい。

 

これでDVDに焼くのをスタートします。

 

 

 

 

書込みがスタートしたら、以下の「DVD生成」の画面になります。

 

 

 

 

時間としては、15分のDVDを焼くのにおよそ10分くらいだと思います。

 

進行状況の目安は、緑色のゲージが右端まで行くと完成ですのでしばらくお待ち下さい。

 

 

お疲れ様です☆

 

これで、パソコンの中の動画をDVDに焼く方法は完了です。

 

あとは、DVDデッキなどで焼いた動画を観ることができます。

 

参考にしていただけましたら幸いでございます(*^_^*)

 

 

⇒CDの焼き方に戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク